• 土地情報に関するお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • パンフレット資料請求

お問い合わせ(本社)

0120‐36‐6668

  • HOME
  • 商品紹介
  • 実績紹介
  • 安心と安全の品質
  • お近くのモデルハウス&ギャラリー
  • お客様の声
  • お引き渡し後のお客様へ
  • よくあるご質問
 
実績紹介
WEB見学会
マイホーム選びランキング【男性編】
マイホーム選びランキング【女性編】
 

大阪市T邸

大阪市T邸

よりリラックスできる空間にするため、坪庭やセカンドリビングを備えた、ホテルのようなゆとりを感じる住まい。

一世帯タイプ 男性 女性 子供 子供
3階建て
敷地面積 146.83u
1階床面積 45.55u
2階床面積 47.20u
3階床面積 47.20u
延床面積 139.95u

ギャラリー

右のサムネイルをクリックすると、左の拡大画像が切り替わります。

お客様のご要望と担当者の提案

営業部 中野 裕之 営業部 中野 裕之 担当者の視線

お子様の成長に合わせた住まいと、そこに永く暮らすための家づくりがうまく融合。

建築されたこの地域はT様が以前から目星を付けられていたとお聞きしています。それはお子様にとって、非常に良い土地柄だからだとか。土地が見つかるまでの間、たくさんのハウスメーカーさんに見学に行かれてたそうで、お会いしたときからご要望はハッキリと述べられました。

「ほっと落ち着ける空間」がT様のコンセプトでした。それだけに2階リビングの坪庭や寝室の畳コーナーも大変気に入って頂いているようです。もちろんお子様の教育や成長にも十分配慮されました。

お子様の部屋は成長とともにプライベートな空間にできるように設計されています。T様がこだわられたダーク系の床材は心を落ち着かせる効果があると言われているので勉強にも集中できるのではないでしょうか。

1階はご主人の事務所になっていて、ゆったりとしたアプローチでお客様を気持ちよくお出迎えできるそうです。お忙しい合間を縫って、限られた時間でのお打合せでしたが、明確なご要望をカタチにすることで、永く快適に暮らせる住まいができました。

 
お客様のこだわり

住まいの中で効率的に動ける家事導線とゆとりの空間づくりを両立。

学生時代によく知っていた場所、文教地区として永住には理想的と考えられ、まず土地取得から住まいづくりをはじめたT様。「きっかけは、2人目の子供ができたことですね。家が手狭になったので、安心して長く暮らせる場所へ住み替えようと思ったのです。」とT様は話されます。
実は、T様ご夫妻は、土地を取得される前から住宅展示場によく足を運ばれて、理想の住まいを思い描いておられたと言われます。それだけに住まいに関してはかなり博識。
今回の住まいづくりでも当初はメーカー数社に打診しましたが、泉北ホームのモデルハウスをご覧になってからは、相見積もりをする前に泉北ホームに建築を依頼することを決められたのです。T様は「営業の方がよくしてくださり、泉北さんに決めるのは早かったです。
最初は、フル装備というキャッチコピーがわかりやすくて、ちょっと見てみようと気軽な気持ちだったんです。でも、モデルハウスが実用的でわかりやすかった。それに家って建てた後、クーラーとかいろいろ経費がかかるでしょう。その辺がフル装備で全部標準なのは良かったです。」

T様のご要望は1階を事務所に使われるので、外観はビルのように見えても、周囲の景観と溶け込む住まい。内部は、落ち着ける工夫を凝らすことでした。例えば、リビングには坪庭をしつらえたり、寝室には畳コーナーを設けたり。「風が抜けるような空間がほしかったんですね。リビングはソファに座ったときにホッとできるようなゆとりですね。寝室は旅館の部屋のような雰囲気でセカンドリビング感覚です。」とT様は語られます。
建具や床はダーク系のブラウンで統一。シックなカラーリングは重厚感もあって、品位の高い住まいを感じさせてくれます。
奥様のご要望は「子供が小さいので、一つのフロアで家事や育児など全て済むように。」とキッチン、洗面、お風呂などの水廻りの設備を2階に集約されました。単純に設備などのユニットを1箇所に集めたのではなく、それぞれの配置、ドアの位置などを考えてスムーズに家事が行えるようにしました。
T様の以前の住まいは鉄骨だったせいか、暑さ寒さを大変感じる住まいだったのですが、現在は「夏は涼しく、冬は暖か。耐震性でもツーバイフォー住宅は優れているので、その点でも安心して暮らせます。」と住み心地も格段に向上したとT様は言われます。

 
パンフレット資料請求 ギャラリー&モデルハウス
パンフレット資料請求 ギャラリー&モデルハウス