• 土地情報に関するお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • パンフレット資料請求

お問い合わせ(本社)

0120‐36‐6668

  • HOME
  • 商品紹介
  • 実績紹介
  • 安心と安全の品質
  • お近くのモデルハウス&ギャラリー
  • お客様の声
  • お引き渡し後のお客様へ
  • よくあるご質問
 
実績紹介
WEB見学会
マイホーム選びランキング【男性編】
マイホーム選びランキング【女性編】
 

堺市N邸

堺市N邸

明るさと広さを十分感じるために、
窓の位置、壁、色、建て付けに工夫。
日中は電灯がいらないほどになりました。

一世帯タイプ 男性 女性 子供 子供
3階建て
敷地面積 89.34u
1階床面積 39.75u
2階床面積 44.72u
3階床面積 37.26u
延床面積 121.73u

ギャラリー

右のサムネイルをクリックすると、左の拡大画像が切り替わります。

お客様のご要望と担当者の提案

営業部 小野 靖典 営業部 小野 靖典 担当者の視線

“明るい家にしたい”というご要望を敷地特性から最大限に具現化できました。

N様はお仕事上、建築知識を持っておられましたので具体的なご要望やアイデアをお伺いしながら家づくりを進めていきました。

幅が狭く、奥に長い敷地でしたので南側にもゆとりを持たせたり、天窓や吹抜けを設ける事で出来る限り採光を考えさせて頂きました。建具や壁紙も明るい色を採用することで光が反射し空間をより広く感じることができたと思います。

もうひとつの大きなご要望は「収納」でした。階段正面の収納スペースにはご結婚当初からお持ちだったタンスを収めたり、小屋裏収納を設置することで居室が広く使えるようになっています。2階から3階の天井までの吹抜けで明るさは想像以上に確保でき、当初から懸念されていた空調面もクリアできたので安心しました。あらためてツーバイフォー工法の断熱性能も証明できたのではないでしょうか。

奥に長い敷地特性からご要望を最大限に引き出すことができたと思います。

 
お客様のこだわり

明るさと清々しい風の通る健康的な住宅で新たな暮らし。

ご結婚を期に昭和45年築の住宅を購入し、リフォームして暮らしてこられたN様ご一家。ご購入当初から建替えることを考えておられ、ここ数年になって雨漏りや結露などの影響で住まいの傷みが目につき、また、地震などのご心配もあり、建替える時期と決断されました。
住宅展示場へ行き、大手ハウスメーカーの住まいをご覧になったのですが、どうしても現実離れしている感がありました。

泉北ホームの本社ギャラリーへ行ったのも「建物の中にあるモデルハウス」と知り、冷やかし半分もあったと言われます。しかし、現実的なつくりで暮らしが想像しやすいこと、オプションのいらないフル装備、営業マンの誠実な応対などから、プランづくりを依頼することに。

「設備だけじゃなくて、サッシも最新のものでしょう。普通だったらオプションの設備もフル装備住宅なら標準なので、それには驚きました。」と言われます。
N様のご要望は、明るさと広さを感じる住まいでした。以前の住宅は、仕切りが多いため、部屋の奥まで陽がとどかず、日当りと広さが大きな課題だったのです。

一日中電灯をつけている居室、お子様が成長するにつれ不足する収納など、住みづらくなっていたとN様は言われます。それで、住まいづくりでは、この2点を重点的にプランニング。採光を十分とるために窓の形状や配置に配慮、リビングの空間を広くするために耐力壁も場所を変更しました。また、内装は広く見えるように白を基調に選択。
その他、間接照明や吹き抜けなど、今までとは全く違った空間に生まれ変わったのです。 「インテリアコーディネイターの方がいろいろとプランを考えてくださり、とても役立ちました」と奥様は言われます。特にキッチンは何度もプランを作り直し、納得のいくものに仕上がったとご満足の様子。

暮らすまでは、吹き抜けをつくることで冷暖房が効きにくいのでは?と少なからず心配もありましたが、今では全く懸念することなく、快適に過ごせていると言われます。夏場でも風が通るので、とても涼しく過ごせるそうです。何より住まい中の明るさが違うと言われます。「リビングは日中電気をつけることがないほどなんですよ。以前とは全然違います。」とN様。
同じ立地条件でもプラン次第で明るさがこんなに違うものかと感心されています。お子様もお友達を家に呼べるようになったと喜んでおられるそうです。

 
前の物件へ 次の物件へ
パンフレット資料請求 ギャラリー&モデルハウス