• 土地情報に関するお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • パンフレット資料請求

お問い合わせ(本社)

0120‐36‐6668

  • HOME
  • 商品紹介
  • 実績紹介
  • 安心と安全の品質
  • お近くのモデルハウス&ギャラリー
  • お客様の声
  • お引き渡し後のお客様へ
  • よくあるご質問
 
家づくりの本音
WEB見学会
マイホーム選びランキング【男性編】
マイホーム選びランキング【女性編】
 

太陽が感じられる空間を大切に

景観を大切にした家

大東市 ・Nさん / 2階建て

3階建ても検討して、2階建て二世帯に。

築45年の旧家を建替えての家づくりの計画。計画当初は3階建てもご検討されていました。
お母様との同居で2世帯住宅も考慮。
比較的敷地面積にゆとりがあったので2階建てでも十分な部屋数を確保出来ました。
1階に親世帯、2階に子世帯をプランしました。
2階子世帯の中心には、太陽が降り注ぐ"ルーフバルコニー"があります。
リビングルームと主寝室に面していて採光もたっぷりと確保しています。「青空と太陽を感じれるバルコニーが欲しかった」とNさんがおっしゃいます。泉北ホームと、ご契約された理由のひとつに無垢の床材が標準仕様だった事が決め手になったともおっしゃいます。採光の良さに無垢の床材がなお一層相乗効果となって"やさしい明るさ"という印象の2世帯住宅です。

外観のイメージは「蔵」。伝統を意識しました。

「その昔、家の前の交差点は、"だんじり小屋"もあって"地元の銀座4丁目"だった」と語るNさん。
家の外観は、地域の方々もよく通行され、また歴史的な街道沿いなので、景観を意識して"スクエアで蔵の様な外観"を考えられました。
奥様とは外観イメージの意見は食い違っていたけど「説得しました」とNさんが満足げにおっしゃいます。

施主様の

収納スペースは多くしておく事がオススメ。

ウォークインクローゼットや物入れは、もちろんの事、"小屋裏収納"や"ロフト"等、スペースを「最大限、有効に」プランする事をお勧めします。

パンフレット資料請求 ギャラリー&モデルハウス