• 土地情報に関するお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • パンフレット資料請求

お問い合わせ(本社)

0120‐36‐6668

  • HOME
  • 商品紹介
  • 実績紹介
  • 安心と安全の品質
  • お近くのモデルハウス&ギャラリー
  • お客様の声
  • お引き渡し後のお客様へ
  • よくあるご質問
 
安心と安全の品質
WEB見学会
マイホーム選びランキング【男性編】
マイホーム選びランキング【女性編】
 

Safety〜健康住宅仕様〜

2x4(ツーバイフォー)SHIELD(シールド)工法 ツーバイフォー工法+5つの特別施工 地震に強いツーバイフォーを基に泉北ホームが考えた新しい工法です。

  • Safety
  • Hi-Grade
  • Ecology
  • Low-Noise
  • Double

Safety〜 健康住宅仕様 〜さらなる2x4SHIELD安心工法

フォースターの安全な構造体・建材。

ツーバイフォー工法の場合、建物の部材は国に定められた基準を守らなければなりません。

泉北ホームでは、部材の強さだけではなく、住む人の健康への影響を最大限に考えました。そして、ツーバイフォー指定材、合板、室内床材、建材、クロス糊に至るまで厳選。

例えば、壁材はJIS規格における最高等級F☆☆☆☆フォースターのものを使用しています。この規格は、部材におけるホルムアルデヒドの放散を示し、 F☆☆☆☆フォースターは最もレベルが低く、室内においては、いくら使用しても構わないとされている規格なのです。

また、床などの部材においてもJAS規格で定められている同様のフォースターを使用し、より安全性を高めています。壁紙などを接着するクロス糊においてもノンホルマリンのボンドを使用しています。

強く、地球環境にやさしい建材。

ツーバイフォー工法における耐力面材となる壁面には、国土交通大臣認定を取得したパーティクルボードを使用しています。これは、ノンホルマリン接着剤を使用した合板で地球にやさしい100%リサイクルの建材です。

その特長は、合板の2倍以上のせん断剛性、高い耐水性、釘保持性能などがあげられています。特に耐震実験では、阪神淡路大震災の揺れ(818gal)×4回でも耐えうることがわかっています。

構造体は最高等級F☆☆☆☆フォースターを使用
日本工業規格

日本工業規格(JapaneseIndustrialStandards)は、工業標準化法に基づき、日本工業標準調査会の答申を受けて、主務大臣が制定する工業標準であり、日本の国家標準の一つである。

日本農業規格

日本農業規格(JapaneseAgricultural Standard)は、生産・消費の合理化などを目的に一定の規格を設けており、品位、成分、性能等の品質について規格を満たす食品や林産物などに付されます。

壁面はパーティクルボードを使用

壁面はパーティクルボードを使用

環境にやさしい100%リサイクルの接着剤

JIS規格における最高等級F☆☆☆☆
フォースターのものを使用

耐震実験で強度が実証されています

耐震実験で強度が実証されています

防蟻処理とロング基礎パッキンで
W効果のシロアリ対策

2×4シールド工法では「7層壁構造」に加え、24時間換気システムを採用することで、床下に湿気がこもることを回避し、シロアリの発生を防ぎます。換気を行うために使用しているのはロング基礎パッキンで基礎の全周換気を実現するので、床下のみならず屋内への湿気の流入も防ぎます。

また、泉北ホームの仕様は、建物全体(6面)に通気層を設けることで、湿気(結露)や断熱対策にも大きく役立っています。

シロアリ豆知識

シロアリは、ゴキブリの仲間です。体長は3mmで風が当たると乾燥し、死に至るため風のあるところには生存出来ません。その性質を利用し、床下外壁内に常に風を作る工法を採用。

防蟻処理とロング基礎パッキンでW効果のシロアリ対策

国土交通省の推奨する
「長期優良住宅」の基準に

国土交通省の推奨する「長期優良住宅」の基準に合わせて、床から1mの高さに防蟻処理工事を実施しています。2×4シールド工法では「7層壁構造」に加え、24時間通気システムを採用することで床下に湿気がこもることを回避し、シロアリの発生を防いでいました。

防蟻処理工事では薬剤を使用しますが、これは極めて安全性が高く人体への影響はほとんどありません。 従来からの対策に、さらに薬剤による対策を加えた万全の仕様です。

7層壁構造
パンフレット資料請求 ギャラリー&モデルハウス