ぼくらの家ラボ

暮らし・育児

2019.05.25

洗面所の水出しっぱなし問題!

歯磨きのときに水を出しっぱなしにしてたら、さっきママに怒られた。

それは叱られて当然ニャ。
大切な資源。何より水道代ももったいニャイニャ。

…ところでママはまだ怒っているのかニャ?

歯磨きや手洗いをするときに水道水をつい出しっぱなしにしてしまう。

一回だけでは大した金額にはならないかもしれませんが、
チリが積もって山となって請求される金額が水道料金。
何より「無駄でもったいない」という意見に同意される方も少なくないのではないでしょうか?

水の無駄遣いはキッチン・お風呂・洗面、様々な場所で発生していますが、
今回は洗面所にフォーカスを当てて紹介したいと思います。

よくある出しっぱなし問題

蛇口の栓ひねるのが面倒

歯磨きの時に、歯ブラシを洗うまで水道水を出しっぱなし。
ヒゲを剃るときに、洗顔するまで水道水を出しっぱなし。
手を洗うのとき、石鹸をつけている間、水道水を出しっぱなし。

家計を管理している方にすれば頭の痛い問題です。

出しっぱなしにしたときの水量

チリもつもれば山となる

朝、夜に歯磨きを2回、手洗いは家に帰ったときやトイレから出る度に…。
洗面所だけでも1日にかなりの水量を人は使用していることになります。
もちろん水を使えば使うほど水道料金もかかります。

水道料金はお住まいの地域にもよりますが、
1年、10年、35年と積み重ねると大きな金額になっているのではないでしょうか?

習慣はなかなか変わらない

分かっているはずなのに直さない

「必要な分だけ」
意識して直せる人は大丈夫でしょうが、
なかなか習慣は直りません。
叱られたのに誰も見てないときは気を抜いちゃう人も…。

解決策

いっそのこと水栓を変えてしまうのも手

習慣が変わらないなら、いっそのこと元を変えてしまうのも手です。

元栓をしめて流れる水量を減らす。
一定量の水が出ると止まる自閉式水栓に変える。
使う水の量を減らす効果はあるでしょう。

少し取り替え費用が高いですが、最新の対策として自動吐水型水栓があります。
手をかざすだけでセンサーが感知し、自動で水が出る。
使わないときは自動で止まり、水の出しっ放しを防止します。
これなら「必要な分だけ」使うことができますね。

家を建てるときは?

標準仕様を確認しよう

ただ、水栓を取り替えるのもお金がかかってしまいますが、家を建てるときに初めから標準仕様で付いてくるなら取り替える必要もありませんよね?

自動吐水型水栓が気になる方は、お建てになる会社の標準仕様を確認してみてください。

これでママの心も穏やかになって、家族が笑顔になるかも?

  • 人の習慣はなかなか変えられない。

  • いっそのこと水栓を変えるのも手。

  • ママがご機嫌になるかも?

先頭に
戻る