ぼくらの家ラボ

構造

2017.10.08

構造材【ALL PACKAGE】

泉北ホーム「フル装備の家」すべてのパッケージ標準仕様の最高品質の構造材をご紹介します。

2×4構造材

最高品質「Jグレード」

ホームセンターで売っているような2×4木材では泉北ホームの家は建てられません。
また、流通量も限られてくるため全国展開している大手メーカーはJグレードを大量確保できないためSTANDARDというグレードを使用していることが多いのですが、
泉北ホームは2×4木材の中でも最高品質のJグレード構造材を採用しています。

壁材

JIS規格最高等級F☆☆☆☆フォースター

2×4工法の場合、建物の部材は国に定められた基準を守らなければなりません。
泉北ホームでは、部材の強さだけではなく、住む人の健康への影響を最大限に考えました。
そして、ツーバイフォー指定材、合板、室内床材、建材、クロス糊に至るまで厳選。
例えば、壁材はJIS規格における最高等級F☆☆☆☆フォースターのものを使用しています。
この規格は、部材におけるホルムアルデヒドの放散を示し、 F☆☆☆☆フォースターは最もレベルが低く、室内においては、いくら使用しても構わないとされている規格なのです。
また、床などの部材においてもJAS規格で定められている同様のフォースターを使用し、より安全性を高めています。壁紙などを接着するクロス糊においてもノンホルマリンのボンドを使用しています。

耐火性

木の表面が炭化するため、万が一の火災の際にも強度が低下しにくい

消火活動のプロである消防士が「木造よりも鉄骨住宅の方が怖い」と話す、ということをご存知でしたか?
一見丈夫そうな鉄骨ですが、実は550℃を超えると急速に強度が低下するため、火災の際、一気に崩れる危険性があると言われているのです。
一方、泉北ホームが標準採用している2×4構造材は、ある程度の太さや厚みがあるうえに、炎で木の表面が炭化するため、万が一の火災の際にも強度が低下しにくいという性質があります。

他社比較

・一般的な2×4工法ではSTANDARDのグレードの構造材が多い。

  • 2×4木材は最高品質「Jグレード」を採用している。

  • 壁材にはJIS規格最高等級F☆☆☆☆フォースターを採用している。

  • 木の表面が炭化するため、万が一の火災の際にも強度が低下しにくい。

先頭に
戻る