ぼくらの家ラボ

構造

2017.10.09

断熱材【ALL PACKAGE】

断熱材にはよくグラスウールってのが使われてるらしいけど、年数が経つと自重で隙間ができて、そこから冷気が侵入してくるって聞いたんだけど…。

グラスウール自体に断熱性の高い商品もあるニャが、大工さんによって施工にバラツキが出てしまうので、そこはチェックした方がいいニャ。
断熱材は断熱性はもちろん、気密性も大事なのニャ。

泉北ホーム「フル装備の家」すべてのパッケージで標準の断熱材を紹介します。

吹付け断熱材&防湿シート

2×4工法は気密性も断熱性も高い工法である。そこからさらに泉北ホームの2×4工法は、一般的に使用されている「グラスウール」と言われる綿状の断熱材ではなく、より気密性と断熱性が高く隙間のできない「吹付け断熱材」を壁と屋根裏に使用しています。
お家丸ごと魔法瓶状態だから冷暖房の効きが良くなり、光熱費を抑えることができます。

天井にもみっちり吹付け!

専門業者による施工となります。

他社比較

・グラスウールと呼ばれる綿状の断熱材が一般的。専門業者でなくても施工ができて、安い価格帯の製品。
・一般的には吹付け断熱材へのグレードアップは1棟(2階建て・延床32坪)あたり約35〜50万円のオプションなる。

  • 気密・断熱性が非常に高い吹付け断熱材を使用。

  • 防湿シートで室内側の湿気もカット。

  • 泉北ホームはすべてのパッケージで標準採用。

先頭に
戻る