ぼくらの家ラボ

暮らし・育児

2020.08.14

人気の「家事ソリューション」特集!

子どもの送り迎えや仕事、帰ってからも家族のご飯に掃除にもう大変…。
自分の肌のケアなんてとてもじゃないけど、そんな時間がない…。
1日48時間欲しいわ!

ロボットが家事をする時代が始まってるニャよね。
そういったモノに家事をアウトソーシングして、時間を確保してみるのはどうかニャ?

ママは本当に大変です。
仕事と育児を両立しないといけないのに、そこに加えて家事仕事…。
共働きの世帯は増加傾向ですが、輝かしい女性の社会進出の裏には「家の問題」が隠れています。

しかし、ロボット掃除機をはじめとして、今は機械が家事を代わりにしてくれる時代。
家事仕事を機械にアウトソーシングして時間短縮してみませんか?

そこで、今回は人気の「家事ソリューション」や、注文住宅だからできる組み合わせをご紹介したいと思います。

(1) ロボット掃除機

床掃除をアウトソーシング

自動でお部屋を走り回って掃除してくれるのが「ロボット掃除機」です。
外出中のママの代わりに部屋中を走り回って綺麗にクリーニングしてくれます。
充電が切れそうになると自力で充電場所に帰る可愛いやつ。
床掃除をしなくなったので、ハンディクリーナーや床掃除専用のお掃除道具を使わなくなったという声も!

注文住宅 × お掃除ロボット

ルンバの発信基地をつくってあげる

ロボット掃除機の発信基地のスペースを作ってあげると、充電中は勝手に隠れてくれるようになります。
一緒の場所にお掃除道具もまとめて収納することで、スッキリとしたスマート空間を保てますね。

(2)食器洗い乾燥機

食器の手洗いをアウトソーシング

家族分の食器の量は本当にすごい…。
特に食後の満腹感がある中での後片付けは気分が乗らない…。
そんな家族分の食器をスイッチ押すだけで洗浄、乾燥まで自動でしてくれるので、「食器洗い乾燥機」です!
冬場の食器の手洗いによる手荒れも防いでくれますね。

注文住宅×食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機のビルトインタイプを選ぶ

確かに調味料、水切りカゴ、調理器具など、ただでさえ使うものが多いキッチンで、大きな食洗機を置くスペースなんかとてもじゃないけど…。

ただ、最初から食器洗い乾燥機が内蔵されたタイプのシステムキッチンを選ぶことで、スペースの問題は解決できます。
ワークトップも広々と使えますね!

(3)自動調理家電

調理をアウトソーシング

野菜のカットも面倒ですが、煮物を作るときに煮込みすぎてないか様子をいちいち見るのも意外と時間が取られます。

美味しい料理が材料を入れて、ボタンを押すだけでできる「自動調理家電」が忙しいママに人気!
「自動調理家電」には、材料をカット・撹拌できるフードプロセッサーや、材料と調味料を入れたら水を入れなくても煮物ができる電気無水鍋や電気圧力鍋などがありますね。

注文住宅×自動調理家電

二型のキッチンにコンセントの増設

便利な家電はたくさんあるけど、キッチンのコンセントが足りないし、置き場所もない!
そこで、家づくりをする際はキッチン周りにコンセントを多く設置するのがオススメです。
カップボードは使いやすい場所に家電をいっぱい「ニ型」がおすすめです。

(4)ガス乾燥機

衣類乾燥をアウトソーシング

ガスの温風で乾かす「乾太くん」は、とにかくパワフルです。
最大4.65kWのパワーを上手にコントロールし、5kgの洗濯物をわずか約52分で乾燥します。
洗濯機が2回目の洗濯をしている間に1回目の乾燥を「乾太くん」でできるので効率的に使えます。
短時間で乾くから家事時間を大幅に短縮できるので、導入した方からは非常に好評!

注文住宅×ガス乾燥機

乾太君を置くスペースの確保

建てた後にガス乾燥機のスペースを確保するのって、意外と大変…。
置き場所はもちろんのこと、基本的にはガス管の配管工事も必要になりますので、壁紙をめくって、石膏ボードをはがして…ってなると非常に大掛かりですよね?

乾太くんを設置するときは、家を建てるときに予め計画しておくことをおススメします。
「乾太くん」があると家事負担を大幅に削減できちゃいます!

  • 女性の社会進出の裏には「家の問題」が隠れている。

  • 家事仕事を機械にアウトソーシングして時間短縮。

  • 空いた時間をケアや趣味の時間に使おう。

先頭に
戻る