無駄を省いて開放感のある家

Model Planvol.33

無駄を省いて開放感のある家

都市部の狭小敷地に駐車スペースと必要最低限の部屋数を確保した上で、広く開放的な住空間を実現しました。

叶えたかった家族の希望

  • ・生活動線はコンパクトにしたい
  • ・くつろぎのスペースがほしい
  • ・広く、開放的な空間にしたい

泉北ホームからのご提案

無駄のない動線計画

  • 1階床面積
    28.98m2(8.77坪)
  • 2階床面積
    42.65m2(12.9坪)
  • 3階床面積
    24.84m2(7.51坪)
  • 延床面積
    96.47m2(29.18坪)
  • 施工面積
    120.48m2(36.45坪)
  • 建築面積
    43.48m2(13.15坪)

土地が72㎡(21.78坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1水回りを2階に集約
2階にLDKと洗面、浴室などの水回りを集約。ワンフロアで家事がこなせ、上下階の移動負担を軽減させたコンパクトな動線計画です。
2畳ダイニング
キッチンと対面の位置に設けたダイニングと一体になったタタミコーナー。小上がりにすることでキッチンとの目線も合い、会話も弾みます。食事の時だけでなく、いつもそこに居たくなる居心地の良いくつろぎの空間です。
3ワンルーム
3階部分は無駄な空間や壁を取り払い、多目的に使えるワンルームとしました。趣味を楽しむ部屋として広く使ったり、可動収納や可動間仕切りの配置で空間を仕切って2部屋にすることも出来ます。ライフスタイルや家族構成の変化にも対応できるフレキシブルな間取り計画です。
4広々スカイルーフバルコニー
3階建ての高さを活かした眺望と、視線を気にせず過ごせるプライベート屋外空間です。

POINT

  • 生活動線の集約で移動負担を軽減
  • 無駄のないくつろぎ空間「畳ダイニング」
  • 無駄を省いたワンルームで使い方いろいろ

先頭に
戻る