開放的にプライバシーを守る家

Model Planvol.7

開放的にプライバシーを守る家

2階建てのLDKは1階と決めつけていませんか。従来の家はほぼ1階にリビングがあります。
周りの家は1階に家族が集まりますので、あえて、2階にリビングを計画することで周りとの生活環境をずらし、音や目線などの外的要因を緩和します。

叶えたかった家族の希望

  • ・住宅街で回りからの視線を気にせずくつろぎたい!!
  • ・外で遊んだり、くつろげる庭がほしい。
  • ・子供の成長に合わせて部屋を使えるようにしたい。

泉北ホームからのご提案

2階にリビングという選

  • 1階床面積
    55.61m2(16.82坪)
  • 2階床面積
    54.41m2(16.46坪)
  • 延床面積
    110.02m2(33.28坪)
  • 施工面積
    120.41m2(36.42坪)
  • 建築面積
    59.00m2(17.85坪)

土地が98㎡(29.65坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1子供の成長に合わせて部屋の大きさを調整。
子供が小さなうちは家族みんなで寝られるスペースを。大きくなったら個室に間仕切ります。
2階の和室も最初はLDKとして使用し、必要に応じて個室にできるように間仕切りを設けました。
2キッチンが司令塔
家事をしているとキッチンにいる時間が長くなりますので、キッチンから家族がどこで何をしているのか見やすいように計画しました。
ダイニングも横並びにすることで、配膳がしやすく、調理スペースにも利用していただけます。
3バルコニーが庭
1階に庭を設けると駐車スペースや家の大きさに影響がでます。さらに住宅街の1階の庭はプライバシーを守ることが困難です。
そこで大きなバルコニーをLDKの続き間として設け、アウトドアリビングスペースとして利用できる計画にしました。
屋根付きスペースとオープンスペースの両方を設け、雨や日差しを遮る利便性とリビングからの解放感の両方を手に入れます。

POINT

  • 2階にリビングという選択

先頭に
戻る