お知らせ

2022

03/14 Mon.

プレスリリース

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021【大賞受賞】2度目の日本一に選ばれました!

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021 【大賞受賞】2度目の日本一に選ばれました! 

省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度 『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021』において、全国1位となる【大賞】を受賞いたしました。その他、特別優秀賞・省エネ住宅特別優良企業賞も受賞しております。
これで、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー8年連続受賞、大賞は3年ぶり2度目の受賞となります。2度目の大賞受賞は史上最多。日本全国のハウスメーカー・工務店のなかでも数社しか達成していない栄誉ある受賞です。

なお、受賞内容は下記です。
・大賞/フル装備の家(オール電化)
・特別優秀賞/フル装備の家(フルオート)
・特別優秀賞/フル装備の家(コージェネレーション)
・省エネ住宅特別優良企業賞

日本における省エネルギー住宅の普及と質的な向上に貢献するハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー

一般財団法人日本地域開発センターが開催するハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーは、日本における省エネルギー住宅の普及と質的な向上に貢献することを目指しています。審査は、学識経験者などで構成される審査委員会が審査を行い、「建物外皮・設備の省エネルギー性能値」「多様な省エネルギー手法の導入」「省エネルギー住宅の普及への取り組み」を基準で総合的に評価を行い、日本全国のハウスメーカー、工務店の中から選ばれる名誉ある賞です。

※画像は、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018の大賞トロフィー

健康を守る住まいのための性能。大賞は、性能の証明に。

泉北ホームにとって、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーは、受賞を目指す取り組みではなく、健康を守る住まいのための取り組みです。今回の大賞受賞は、健康を守る住まいの性能を証明できる光栄な結果となりました。

デザインや間取りは十人十色。でも「家が寒くてもいい」「光熱費が高くてもいい」という人はいないはずです。誰もが大切に思う性能は泉北ホームにお任せください。安心して、こだわりのデザインや間取りを考えられるのが泉北ホームの家づくりです。

※記事は2022/3/14現在の情報です。ご確認のタイミングによっては情報が更新されている場合がございます。

関連情報

先頭に
戻る