お知らせ

2022

04/27 Wed.

プレスリリース

2022年度 ZEH(ゼッチ)の普及目標・実績のご報告

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、「Net Zero Energy House(ネット ゼロ エネルギー ハウス)」の略称です。住宅の一次エネルギーの年間消費量が正味でおおむねゼロになる家を指します。ゼロを目指すために、家の断熱性能を高めたり省エネ設備を導入したりすることで家庭のエネルギー消費量を減らしながら、太陽光発電などでエネルギーを創ります。環境にも家計にも健康にも優しい家であることがZEHの最大のメリットです。

日本では、エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)で「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されています。すでに泉北ホームでは、ZEH基準の断熱性能であるUA値0.6以下をすべてのラインナップで先取りしてクリアしています。

泉北ホームのZEH目標

泉北ホームは、一般財団法人 環境共創イニシアチブに登録されている“ZEHビルダー”です。“ZEHビルダー”は、政府目標に基づいた事業目標を掲げるハウスメーカー・工務店です。具体的には、2025年度に自社が受注する住宅のうち、ZEHが占める割合が50%以上を目指すことが定められています。

2021年度の取り組み

2021年度は、ZEHのコストダウン・周知や普及に取り組みました。その他、近畿大学との共同研究チームを発足し、岩前教授による社内セミナーを開催いたしました。また省エネ住宅が評価され、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021では、2度目となる大賞を受賞することができました。

泉北ホームのZEH

泉北ホームでは、標準仕様だけでZEHが建てられるラインナップ「ゼッチシェルター」をご用意しております。
他のラインナップでZEHにすることも可能です。詳しくは、お問い合わせまたは担当者までご連絡ください。

※記事は2022/4/27現在の情報です。ご確認のタイミングによっては情報が更新されている場合がございます。

関連情報

先頭に
戻る