お知らせ

2018

03/12 Mon.

ニュース

2017年度ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーで4冠達成!なんと4年連続受賞!

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは?

一般財団法人日本地域開発センターによる省エネルギー性において優れた住宅造りを表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」。
「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」では省エネ性能が優れた住宅であることが公的に認められます。
2020年に住宅を建築するための長期優良住宅と同等の断熱基準が義務化されることや、ZEHなどの省エネルギー住宅への関心の高まりにより、応募企業も年々増加傾向にある賞です。

2017年度は特別優秀賞3つと優秀企業賞1つを受賞!

2017年度の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」で泉北ホームは特別優秀賞3つと優秀企業賞1つを受賞しました!

1.フル装備の家(ハイブリット給湯器)
2.フル装備の家(ガスコージェネレーション給湯器)
3.フル装備の家(オール電化給湯器)

2017年度、特別優秀賞を3つ入選したのは泉北ホームだけです。
ちなみに優秀企業賞は、3年連続以上で入選できないともらえない賞ですが、泉北ホームは今年で4年連続受賞となります。
当初からの方針として、泉北ホームは賞を取るための現実的でない価格の家での受賞を狙うのではなく、買える価格での受賞にこだわって住宅の仕様を考えています。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞モデルの商品「フル装備の家」"+℃ermo"

ZEH 断熱基準をクリアした商品を買える価格にしたことが評価され、HOUSE OF THE YEAR IN ENERGYを受賞しました。
そのハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞モデルの商品が"+℃ermo"です。
「フル装備の家」に"+℃ermo"を追加することで、ZEH 断熱基準を余裕でクリアした家づくりが可能になります。
ホームページの資料請求のページから"+℃ermo" のカタログをご請求いただけますので、ZEHの家づくりをお考えの方はお気軽にご請求ください。

関連情報

先頭に
戻る