選ばれる理由03 次世代性能が標準仕様

選ばれる理由03

次世代性能が標準仕様

数十年先を見据えた設計・サポート体制。

家は住みはじめてからがスタートです。そこから何十年もの間、住み続けていくことを想うとき、泉北ホームはそれにふさわしい設計やサポート体制が必要だと考えます。現在の基準ではなく、2030年以降の次世代性能に合った、先を見据えた家をつくりたい。そして、末永く暮らしの舞台となる住まいのメンテナンスをサポートしていきたいと考えています。

次世代性能について

2030年ZEH基準の断熱性が
泉北ホームの標準。

住宅については『2030年までに新築住宅の平均で ZEHゼッチの実現を目指す。』という政府目標が掲げられていますが、泉北ホームはいち早く「ZEH」の断熱基準をクリアした家づくりに取り組んでいます。一般的なハウスメーカーで基準をクリアするためには、建物の仕様のグレードアップなどで追加費用がかかりますが、泉北ホームでは全棟・全商品で「ZEH」の基準をクリアした断熱性能を標準としています。

ライフサイクルコストについて

泉北ホームは、「今」見えない
ライフサイクルコストを削減。

泉北ホームは「構造、断熱、窓、屋根、設備、外壁」の性能や機能にこだわることで、家にかかる全ての費用を考えた「ライフサイクルコスト」を削減する住宅を実現しています。夏涼しく、冬暖かい住み心地で水道・光熱費(エネルギーコスト)を、機能性の高い構造材等で老朽化に伴う修繕費(メンテナンスコスト)を抑えます。

みんなの声でできた家。

先頭に
戻る