ぼくらの家ラボ

構造・性能

2020.06.12

耐久性の死角は、ルーフバルコニー!

万が一、雨が降った時でも大丈夫なように、インナーバルコニーのお家を建てたいわ!

それは『ルーフバルコニー』になっているのかニャ?
実は、そこは対策不足で結露事故が多いポイントなのニャ。
もちろん、きちんと対策が取られているなら大丈夫ニャよ。

梅雨の季節に困ることと言えば、洗濯物を干すタイミング。
インナーバルコニーがあれば、突然の雨にも対応できますよね。

ただ、下の階の屋根部分を利用した『ルーフバルコニー』になっているなら、直接、雨水や外気の影響を受ける場所になります。
だからこそ、結露事故が多いポイントってなっていることをご存じでしたか?

そこで、今回は耐久性の死角とも言える、ルーフバルコニーについて、ご紹介したいと思います。

ルーフバルコニーとは?

下の階の屋根部分を利用したバルコニー

下の階の屋根部分を利用したバルコニーをルーフバルコニーといいます。
「バルコニー」であり「屋根」でもあるので、直接、雨水にさらされている場所になります。

ルーフバルコニーも結露事故が多い

計画的な換気や通気経路を確保しないと結露リスクが高い

実は、そのルーフバルコニーでは対策不足による結露事故が多発しています。

ルーフバルコニーは、バルコニー下の居室から多くの湿気が集まり、結露しやすい部位になります。
バルコニー自体、南面に設置されることが多く、太陽光で暖められた湿気が通気層や躯体内を上昇していきます。

地味な部分かもしれませんが、計画的な換気や通気経路を確保しないと結露リスクが高く家の悪影響を及ぼすのです。

結露事故が多い理由①

マニュアルに記載がない

設計士が基本的に使用するマニュアル(工事住宅工事仕様書や設計の手引き等)には標準の『納まり』が記載されていません。
そのため、現場の実務者が自己流で納めているのが実情なのです。

雨水侵入を恐れるあまり、笠木(最上部に被せる仕上げ材)の部分の通気層をシーリング材で完全に塞いでしまっているケースもあります。
これでは、笠木が蓋となり、湿気の逃げ場なくなって滞留してしまいます。

結露事故が多い理由②

長期優良住宅でも通気層の省略規定がある

さらに断熱地域区分『3地域』より南については、長期優良住宅であっても防湿シートを張れば通気層を省略できる規定があります。
ちなみに、関西地域は主に『6地域』ですので、省略規定の適用地域となります。

しかし、通気層を設けた方が結露リスクは低いです。

結露事故を防止するには?

ルーフバルコニーにも通気層は必要

雨水の浸入を防ぐ為に、通気出口を塞いでしまうと、内部に溜まった湿気が滞留し結露リスクが高くなります。
結露が発生し腐朽菌が成育することで、躯体が腐って、家の耐久性を損なってしまいます。

家を長持ちさせるためには、ルーフバルコニーにも通気層は必要です。

手すり壁の立ち上がり部分の通気層問題

防水と通気の両立が難しい箇所

手すり壁の立ち上がり部分は、特に通気の確保が難しい箇所です。
台風や暴風雨の時は雨量が多く、さらに横風が吹くことで雨水がバルコニーの床に叩きつけられ、雨水が上方向に勢いよく跳ね返ってしまいます。

どちらかだけに偏ると…

どちかが防げなくなる

通気に重点を置きすぎると、雨水侵入リスクがあります。
一方、防水に注力しすぎると、上手く通気を確保できません。

一体、どうすればいいのか?

防水と通気の両立が肝

上記の問題を解決するには、通気層を確保した上で、雨水侵入の高い部分には防水と通気が両立できる対策が肝です。

例えば、どんな方法があるのか?

2次防水まですること

例えば、空気を通すが水を通しにくいハニカム構造の通気ライナーを設置して、防水と通気の両立を図り、その上で、万が一、水が浸入したとしても躯体を守れるように、防水機能かつ透湿機能を持ったシートを貼るなどの方法があります。

「2次防水」まですることで、結露リスクは極小化します。

ルーフバルコニーも屋根と同じく通気を確保すること

大切なお家を守るために必要

ルーフバルコニーも屋根と同じく通気を確保すること。
さらに雨水が浸入する可能性の高い個所には2次防水をすることで、結露事故による耐久性の低下を免れることができます。

大切なお家を守るために、建てる会社が結露を防ぐ対策をしているかを確認してください。

  • ルーフバルコニーも計画的な換気や通気経路を確保しないと結露リスクが高い場所。

  • 両立が難しい個所には『2次防水』まですることで、結露リスクを極小化。

  • 建てる会社が結露を防ぐ対策をしているか確認。

先頭に
戻る