狭小敷地の生活を豊かにする3階建て | 大阪周辺の注文住宅・建替え、新築一戸建てなら泉北ホーム

狭小敷地の生活を豊かにする3階建て

Model Planvol.22

狭小敷地の生活を豊かにする3階建て

限られた敷地と予算の中で、総施工面積110㎡以内に抑えながらも、家族それぞれが好きな場所で、お互いの気配を感じながら自由な時間を楽しめる豊かな生活空間を実現しました。

叶えたかった家族の希望

  • ・車から家までの移動をスムーズにしたい
  • ・家族が個室にこもらないようにしたい
  • ・趣味の読書に没頭できる書斎がほしい

泉北ホームからのご提案

3階建てで豊かな生活空

  • 1階床面積
    26.50m2(8.02坪)
  • 2階床面積
    35.19m2(10.64坪)
  • 3階床面積
    31.05m2(9.39坪)
  • 延床面積
    92.74m2(28.05坪)
  • 施工面積
    109.94m2(33.26坪)
  • 建築面積
    36.25m2(10.97坪)

土地が60㎡(18.15坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1ビルトインガレージ
奥行きの浅いガレージでも、上部バルコニーを設けたことで、雨に濡れることなく車の乗り降りができます。また、ポーチ部分とガレージを一体化させたことで玄関から車への動線が短くなり、後部座席のお子さんの乗り降りや荷物の運び入れもとてもスムーズになります。
2ワークスペース
リビングの一角に設けたデスクスペースは、料理本やノートパソコンでレシピを見たり家計簿をつけたりする家事スペースとしてや、お子さんのスタディーコーナーとして活用したりとさまざまな用途に使えます。壁に囲まれているのでお子さんの宿題もはかどり、集中できて落ち着く空間です。
3書斎コーナー
3階の階段ホール部分に設けた書斎は、仕事に集中したり、趣味に没頭したりと一人の時間をつくれる空間でありながらも、閉鎖的にならず、家族ともほど良い距離感でつながっていられます。

POINT

  • 玄関からのつながりを考えたガレージ
  • 小さな居場所を配した間取り計画

先頭に
戻る