実現可能な店舗併用住宅

Model Planvol.23

実現可能な店舗併用住宅

自営業で整骨院や美容室等をご検討の方、必見です!
店舗部分と住宅部分の生活動線を完全に分けながらも、
各部屋の大きさや収納力、プライバシーを確保したプランです。

叶えたかった家族の希望

  • ・店舗部分と住宅部分の生活動線を分離
  • ・住宅部分のプライバシーの確保
  • ・収納力や動線等の使い勝手のよい間取り

泉北ホームからのご提案

完全分離型でありながら
、回遊動線の店舗併用住宅

  • 1階床面積
    62.94m2(19.04坪)
  • 2階床面積
    66.25m2(20.04坪)
  • 延床面積
    129.19m2(39.08坪)
  • 施工面積
    135.41m2(40.96坪)
  • 建築面積
    67.30m2(20.36坪)

土地が112㎡(33.88坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1アプローチと出入り口を分離
店舗部分と住宅部分のアプローチや駐車・駐輪スペースを完全に分離しました。
営業時間中であっても、ご家族の方が気にせず出入り出来るように配慮しています。
2あえて2階のLDK
2階建ての場合は1階がLDKと決めつけがちですが、2階にLDKを持ってくる事により、
店舗を気にせずにプライバシーや明るさが確保出来ます。さらに最上階という事を活かしてLDを勾配天井にすると、
高さのとれた開放的な空間を演出出来ます。
3LDKに隣接した子供部屋
廊下階段にすると子供たちが帰ってきたのが分からない、
だけどリビング階段にすると空調の効きが悪くなる・・・
といった声をよく聞きます。
2階のLDKに隣接した子供部屋にする事で、両方の問題を解決できます。

POINT

  • 店舗と住宅は完全分離!
  • 2階LDKとそれに隣接する子供部屋
  • 住まい手の生活を考えた計画

先頭に
戻る