家事導線と家族との娯楽を重視した家

Model Planvol.31

家事導線と家族との娯楽を重視した家

忙しい、部屋もスッキリしていたい、家族との時間も大切にしたいという方におすすめな間取りです。

叶えたかった家族の希望

  • ・キッチン周りをスッキリさせたい
  • ・家族との時間を大切にしたい
  • ・もっと和室を気軽に使いたい

泉北ホームからのご提案

2階に広いLDK

  • 1階床面積
    43.06m2(13.03坪)
  • 2階床面積
    44.72m2(13.53坪)
  • 3階床面積
    36.44m2(11.02坪)
  • 延床面積
    124.22m2(37.58坪)
  • 施工面積
    137.46m2(41.58坪)
  • 建築面積
    44.72m2(13.53坪)

土地が75㎡(22.69坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1必要なスペースの区分と導線を最短に
多めに買ってしまった食品や冷蔵庫には入れない食品をまとめて保管することが出来ます。扉を設置しないのも料理中の忙しい奥様の導線がスムーズに。キッチンと同じ導線のインナーバルコニーは、1日ですぐに溜まってしまう生活ゴミの置き場として利用することも出来ます。インナーバルコニーには屋根があるので雨で濡れる心配もありません。
2空間を1つに実現させる対面キッチン
対面キッチンにすることでキッチン→リビング→ダイニングへの目線が行き届き家族との空間に一体感が生まれます。小さなお子様がいらっしゃる方も安心して料理をすることが出来ます。
3完璧な和室でないラフな和室
「和室」として間仕切ると普段使いが難しかったり使う頻度が減ってしまいがちですが、LDKと一体になったタタミコーナーならちょっとしたお茶の間やお子様の遊び場、家事スペースなどと多様な使い方ができます。

POINT

  • キッチンで必要なスペースの導線配慮
  • 目線が行き届く対面キッチン
  • 普段使いに考慮したタタミコーナー

先頭に
戻る