母親と暮らす2世帯3階建て

Model Planvol.43

母親と暮らす2世帯3階建て

限られた敷地の中での母親との住まい、完全2世帯は難しいが水回りは各世帯ごとに分けてプライバシーは確保したい。そんな思いを形にしたプランです。

叶えたかった家族の希望

  • ・各世帯ごとのプライバシーを確保したい
  • ・水回りをまとめて家事のしやすい動線
  • ・LDKに隣接して小さな子供が遊んだりできるスペースがほしい

泉北ホームからのご提案

1階に母親世帯、2階3
階に子世帯、それぞれ水回りを分離したプラン

  • 1階床面積
    48.03m2(14.53坪)
  • 2階床面積
    49.69m2(15.03坪)
  • 3階床面積
    46.37m2(14.03坪)
  • 延床面積
    144.09m2(43.59坪)
  • 施工面積
    11.52m2(3.48坪)
  • 建築面積
    51.32m2(15.52坪)

土地が86㎡(26.02坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

11箇所にまとめた水回り
今後足腰が弱くなってくることを考慮して、水回りを一つにまとめました。裏側にサービスヤードに通じる扉を設けることでゴミ出しや洗濯物干しを短い動線で行うことができます。
2ゆとりのあるパントリー
パントリーはたっぷり2帖の大きさを確保しました。食品のストックや生活用品のストック等幅広く使えるのでこまめに買い物する必要が無くなります。
3リビングに隣接したタタミコーナー
LDKに面して3帖のタタミコーナーを設けることで、家事をしながらも目の届く子供の遊び場や雨の日には室内干しをしたり、洗濯物をたたんだりと多目的に使える空間としました。
4たっぷり収納できるウォークインクローゼット
主寝室に3帖のウォークインクローゼットを設け、夫婦それぞれの洋服を分けて収納したり、季節物の収納もできる空間としました。

POINT

  • 水回りは世帯ごとに分離
  • 多目的に使えるタタミコーナー
  • 主要な収納は大きく

先頭に
戻る