二世帯で快適な暮らしの家

Model Planvol.45

二世帯で快適な暮らしの家

ゆったりした玄関ホールからの階段を中心に、各部屋にアクセスできるスムーズな動線。水廻り部分を分けることで、気兼ねなく暮らせる二世帯プランを提案。

叶えたかった家族の希望

  • ・2世帯で仲良く暮らしたいけど、プライバシーは確保したい。
  • ・すっきりと片付く収納がほしい。
  • ・ひざの痛い父親のために1階はバリアフリーにしたい。

泉北ホームからのご提案

動線に配慮した、ゆった
り過ごせる2世帯住宅

  • 1階床面積
    69.56m2(21.04坪)
  • 2階床面積
    69.56m2(21.04坪)
  • 3階床面積
    66.25m2(20.04坪)
  • 延床面積
    184.67m2(55.86坪)
  • 施工面積
    195.43m2(59.12坪)
  • 建築面積
    69.56m2(21.04坪)

土地が116㎡(35.09坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1家族の気配を感じられるプランニング
各世帯のLDKは家族の顔が見えて、ゆったり過ごせる対面キッチンプラン。
子世帯には横に和室を設け、子ども達の昼寝や遊ぶスペース、客間などに利用。
インナーバルコニーを隣接し、外部空間も生活に取り込めるよう配慮。
2適材適所の収納を完備
玄関ホールは、2世帯共有にて各世帯のコミュニケーションの取れる場所とし
ゆったりした空間を確保。アウトドア用品の収納用に、シューズクロークを設置。
帰宅してすぐに手を洗えるよう、共有の洗面台を設置。
子世帯には洗面所に隣接して、大容量のファミリーCLを設置し、衣類を効率よく収納。
3バリアフリーとプライバシーに配慮
1階の親世帯は、扉を全て片引き戸のアウトセットにし段差を解消し、廊下幅を広くとり、
動線に配慮。寝室は建物奥に設置し、上階はファミリーCLのため静かな場所でプライバシーを確保。

POINT

  • 水廻り部分を上下階同じ位置にして、生活音に配慮
  • 収納量に応じて、適所にクローゼットを設置
  • 1階の扉は床に段差のないアウトセット片引き戸
  • キッチンから洗面所へアクセスできて、家事動線を短縮
  • 玄関を2段框にし、両親の足腰に配慮

先頭に
戻る