住宅部分と共有する店舗併用住宅

Model Planvol.47

住宅部分と共有する店舗併用住宅

大きな空間ではなく、ちょっとしたスペースで知った方のみが
利用されるような店舗併用住宅です。
仮に店舗をしなくなった場合でも、通常のお部屋として使えるように計画しました。

叶えたかった家族の希望

  • ・部屋にも店舗にも出来る居室
  • ・広くて明るいLDK
  • ・オシャレな現代風和室

泉北ホームからのご提案

可変出来る空間づくり

  • 1階床面積
    100.61m2(30.43坪)
  • 2階床面積
    73.29m2(22.17坪)
  • 延床面積
    173.90m2(52.6坪)
  • 施工面積
    183.75m2(55.58坪)
  • 建築面積
    104.25m2(31.54坪)

土地が174㎡(52.64坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1中と外から使える部屋
直接外から出入り出来る入口と廊下から出入り出来る入口を付ける事で、
店舗をやめた場合やまだ始めない場合等であっても、
通常のお部屋として使用可能な計画としました。
2床補強をした大空間のLDK
2階の床を支える構造材を太くすることで、
通常は2間間口の横幅が2.5間間口とする事ができます。
和室との境を3枚引込戸とする事で、更に大空間となります。
3収納や床の間にひと工夫
押入を浮かせて吊収納としたり、床の間スペースを設けて
タイルを貼ったり、畳を半畳としたり、扉を開けてもLDKと相性の良い
モダンな和室としました。

POINT

  • 用途変更に対応した居室
  • 補強材やプランによる工夫
  • 注文住宅ならではの造作

先頭に
戻る