敷地の形状を利用した無駄の無い家

Model Planvol.53

敷地の形状を利用した無駄の無い家

変形地をうまく利用して、南側の敷地を広く取って、LDKに南からの光を取り入れ、かつ視覚的な開放感を出しました。
東側の敷地には、洗面所直通の洗濯干しスペースを設け、LDKからも道路側から見えにくく、太陽光も当たりやすい様になってます。

(堺市晴美台対応)

叶えたかった家族の希望

  • ・開放的なLDKがほしい
  • ・濡れて重い洗濯物を持ち運びたくない
  • ・買い物袋をキッチンにそのまま運びたい

泉北ホームからのご提案

敷地の形状をうまく利用
して、それぞれのスペースを確保しました

  • 1階床面積
    51.34m2(15.53坪)
  • 2階床面積
    51.34m2(15.53坪)
  • 延床面積
    102.68m2(31.06坪)
  • 施工面積
    107.65m2(32.56坪)
  • 建築面積
    51.34m2(15.53坪)

土地が86㎡(26.02坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1家の外も空間として取り入れ、光と開放感を演出
道路の反対側に位置する南の敷地を広くとり、窓を介して太陽光が入りやすく、かつ視線的にも開放感を演出出来る様に計画しました。
2洗面所の勝手口を開くとすぐに洗濯物干しスペース
洗面所に面した広い洗濯スペースを作りましたので、重い洗濯物を運ぶ必要がありません。道路からもLDKからも見えにくい位置にありながらも、光がしっかり当たりますので洗濯物が乾きやすいです。
3玄関の真横にキッチン
玄関の横にキッチンを配置する事で、買い物袋をそのままキッチンに運べるようにしました。リビングにも扉を付けてますので、キッチンを覗かれる心配もありません。

POINT

  • 南に面する広い庭
  • 洗面所に面する洗濯物干しスペース
  • 玄関の真横にキッチンを配置

先頭に
戻る