土地の条件を有効的に活かした家

Model Planvol.55

土地の条件を有効的に活かした家

南側の隣地にも建物が建つので、建物の影で太陽光のあたりにくくなる南側に建物を寄せて、北側にLDKと敷地の空きスペース設け、LDKが開放的に見える様にしました。西側には車を2台駐車出来るスペースを確保しつつ、東側に洗濯物が干せるスペースも確保しました。

(堺市中区深阪対応)

叶えたかった家族の希望

  • ・2面道路に面しているけど駐車スペースと玄関はまとめたい
  • ・開放感のあるLDKがほしい
  • ・洗濯物を道路から目立たない様に干したい

泉北ホームからのご提案

敷地の余剰空間を、上手
に活用しました。

  • 1階床面積
    53.00m2(16.03坪)
  • 2階床面積
    48.03m2(14.53坪)
  • 延床面積
    101.03m2(30.56坪)
  • 施工面積
    106.00m2(32.07坪)
  • 建築面積
    53.00m2(16.03坪)

土地が88㎡(26.62坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1敷地条件に合わせて駐車スペースを配置
2面道路に面してましたが、前面道路の形状上、車の出入りが西側に限られてました。車の駐車スペースの位置、玄関の位置を西面に向けながら使いやすい間取りになる様計画しました。
2北側にLDKと敷地の空きスペースを確保
リビングとダイニングを明確に分けつつも、目線を遮る様な壁は極力無くし、空間的に一体感が取れる様なレイアウトにしました。リビング、ダイニングには、北側の敷地に空きスペースを設け、開放感のある掃き出し窓で繋ぎましたので、視線的にも開放感が出る様にしてます。
3東側に洗濯物を干せるスペースを確保
西側の駐車スペースを確保した上で、東側に洗濯物を干せる様、建物自体の全長を調整しました。東側の洗濯干しスペースですので、午前中に太陽光が入り、洗濯物が気持ち良く乾きます。洗濯以外にも、キッチンの生ごみも部屋を通らずに収集所に持っていく事が出来る様にしてます。

POINT

  • 敷地に対する建物の配置、間取りを工夫
  • 極力壁を無くし、北側に敷地の空きスペースを確保
  • 東側の道路から見えにくい位置に洗濯物干しスペースを確保

先頭に
戻る