玄関がすっきりする家

Model Planvol.67

玄関がすっきりする家

使用頻度の高い玄関や洗面まわりの動線に配慮した間取りです。玄関の家族用の動線は、シューズクローゼットを通り抜けて使用することにより、玄関が物で溢れることなく、きれいな状態を保てます。玄関ホール~洗面所~キッチンと回転できる動線を取り入れることで、キッチンと玄関の2方向から洗面所にアクセスできる便利な間取りにしました。

叶えたかった家族の希望

  • ・ゆったりとした玄関で、きれいな状態で保ちたい
  • ・料理をしながら洗濯等の家事をスムーズにしたい
  • ・家族が集まるLDKにしたい

泉北ホームからのご提案

家族の動線に配慮する

  • 1階床面積
    57.14m2(17.28坪)
  • 2階床面積
    60.45m2(18.29坪)
  • 延床面積
    117.59m2(35.57坪)
  • 施工面積
    119.25m2(36.07坪)
  • 建築面積
    60.45m2(18.29坪)

土地が101㎡(30.55坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1広い玄関と通り抜けられるシューズクローゼット
玄関をすっきりと見せるため、玄関正面には靴が並ばないように、シューズクローゼットを通り抜けてホールへ入るようにしました。玄関ホールを広くとる事で、季節のイベントである、ひな人形やクリスマスツリー、観葉植物などを飾るスペースとして使う事が出来ます。
22アクセスの洗面所
キッチンと洗面所を隣接させて、主要家事動線を短くしました。玄関ホールから洗面所への行き来が出来る様にして、帰宅後にすぐ手洗いが出来るように様にしました。洗面所を広くとる事で、タオルや下着入れ用の収納を設け、室内物干しスペースとしても利用する事が出来ます。
3会話がはずむLDK
リビングでご家族とのコミュニケーションがとりやすくなる様にリビング階段を採用しました。対面キッチンからLDK全体を見渡せるので、ご家族の様子が分かり、会話しながら台所仕事ができます。

POINT

  • 玄関を客用とご家族用とに動線を分ける。
  • キッチンと洗面所を行き来しやすい様、隣接させる。
  • リビング階段を採用する。

先頭に
戻る