和モダンの風が通り抜ける家

Model Planvol.70

和モダンの風が通り抜ける家

下屋の設置と軒を出すことにより和の趣を出し、雨除けにもなるプランです。部屋と窓の配置に配慮することで風が通り抜けるようになっています。

叶えたかった家族の希望

  • ・和モダンな家にしたい
  • ・風通しのよい家にしたい
  • ・生活がしやすい動線にしたい

泉北ホームからのご提案

外観と間取りに配慮した
プラン

  • 1階床面積
    69.56m2(21.04坪)
  • 2階床面積
    53.00m2(16.03坪)
  • 延床面積
    122.56m2(37.07坪)
  • 施工面積
    143.26m2(43.34坪)
  • 建築面積
    82.81m2(25.05坪)

土地が138㎡(41.75坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1下屋の設置と軒を出す
下屋の設置と軒を出すことにより、和の趣が出るようにしました。
また、ポーチやバルコニー等での雨除けにもなるプランとなっています。
2LDKを縦方向に配置し、南北に窓を設置
LDKを縦方向に配置し、南側と北側に窓を設置することにより、
自然の風がスムーズに抜けていき、快適に過ごせます。
また、将来壁が設置できる洋室も、小さなお子様がいる間は壁を設けず
南北に風が通り抜けるように配慮しました。
3間取りと回転動線
LDKの出入口を2つ設けて回転動線とし、各場所への行き来がしやすいプランにしました。キッチン横には、パントリーとPC・家事コーナーを設ることにより、見えにくい場所をつくりつつも、家事がしやすいスペースをまとめました。
玄関まわりはS.C.Lに下駄箱とクローゼット兼用スペースを設け、収納を通り抜けできるようにしたことで、帰宅時や外出時の動線に配慮しました。

POINT

  • 下屋と軒出で和の趣を出す
  • 部屋と窓を南北に設置
  • 回転動線とキッチン・玄関まわりの間取りに配慮

先頭に
戻る