吹き抜けを通じて家族が繋がる家

Model Planvol.73

吹き抜けを通じて家族が繋がる家

LDKの中心付近に大きな吹き抜けを配置し、2階部分は回り廊下を採用することで、
吹き抜けを通じて家族の存在が常に意識しやすいプランとしました。

叶えたかった家族の希望

  • ・家族の存在を常に確認したい
  • ・収納はたっぷり欲しい
  • ・子供が遊べるスペースが、リビングから見える位置に欲しい

泉北ホームからのご提案

LDKから視線が配りや
すい間取り

  • 1階床面積
    68.73m2(20.79坪)
  • 2階床面積
    52.17m2(15.78坪)
  • 延床面積
    120.90m2(36.57坪)
  • 施工面積
    140.78m2(42.59坪)
  • 建築面積
    70.39m2(21.29坪)

土地が117㎡(35.39坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1吹き抜けを採用した開放的なLDK
リビングスペースの中央に6帖分もの大きな吹き抜けを計画し、階段の途中部分にも大きな窓を採用することで、常に明るいLDKとなるよう意識しました。
また、2階廊下は吹き抜けを囲むような形とし、壁を無くすことで、1階と2階が常につながることができる計画としました。
2大容量の収納
収納として使えるスペースには、余すことなく収納を計画し、共用スペースには半帖、居室スペースには1帖以上の収納を確保しました。また、パントリーも2.5帖分確保し、食材のストックにも困りません。
3リビングとつながるタタミコーナー
リビングとタタミコーナーをつなげて配置することで、お子様の学習や遊ばれる様子を常に見ることができる計画としました。

POINT

  • 開放的な吹き抜けの計画
  • 無駄なスペース無く、収納を確保
  • リビングから続くタタミコーナー

先頭に
戻る