外からの視線を考慮したファミリー向けの家

Model Planvol.74

外からの視線を考慮したファミリー向けの家

外からの視線を考慮しながら、家族との時間を楽しめるような家にしました。

叶えたかった家族の希望

  • ・外からの視線が気にならない家にしたい
  • ・開放的なLDKにしたい
  • ・家族で楽しめる庭が欲しい

泉北ホームからのご提案

道路からの視線を考慮し
てくつろげる家

  • 1階床面積
    57.14m2(17.28坪)
  • 2階床面積
    51.34m2(15.53坪)
  • 延床面積
    108.48m2(32.82坪)
  • 施工面積
    113.03m2(34.19坪)
  • 建築面積
    61.28m2(18.54坪)

土地が102㎡(30.86坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

1部屋の位置を工夫して、外からの視線を解消
大きな掃き出し窓があるLDKは外から直接見えない位置にしました。
道路に面している部屋である1階の水回りは小さい窓で、2階の洋室は
床から高い位置に窓をつけて目線が気にならない様にしました。
2縦の空間を利用して解放的に
リビング部分を吹き抜けにすることで開放的な空間になります。
吹き抜けの2階部分にも窓があることでより明るい空間になり、
外からの光も入りやすくなります。
3LDKとつながる庭
LDKとつながる庭では、家族、友人とのバーベキューやお子様との遊びの時間を
楽しむ事が出来ます。庭とLDKがつながっていること、対面キッチンであることで
庭で遊んでいるお子様の様子を見ながら家事をすることが出来ます。
天気のいい日は洗濯物を庭で干す事も出来ます。

POINT

  • 部屋の位置と窓の大きさでプライバシーを考慮
  • 縦の空間を利用した吹き抜け
  • LDKから見える庭

先頭に
戻る