狭小地の明るい家

Model Planvol.81

狭小地の明るい家

1階に個室を配置し、より日当たりの良い2階にLDKを配置した間取りです。
洗面所やUBをキッチンの隣に配置して家事動線を短くすることを考えました。

叶えたかった家族の希望

  • ・明るくて家族が集まるLDKにしたい。
  • ・家事動線を極力短くしたい。
  • ・車を停めれるスペースが欲しい。

泉北ホームからのご提案

2階を生活のメイン空間

1階 2階

  • 1階床面積
    37.26m2(11.27坪)
  • 2階床面積
    39.33m2(11.9坪)
  • 延床面積
    76.59m2(23.17坪)
  • 施工面積
    92.74m2(28.05坪)
  • 建築面積
    43.48m2(13.15坪)

土地が72㎡(21.78坪)以上あればこのプランの家が建てられます。※建ぺい率60%で算出しています。

12階にLDKを配置
1階に各個室を配置したことによって2階にLDKを配置することができます。
リビング階段の壁を腰壁にすることで、広がりのある明るい空間になります。
東側にある大開口は朝日をたっぷり取り入れることができ、気持ちの良い朝を迎えることができます。
更に、天井高2.6mと勾配天井を計画することで、部屋を広く感じる事ができます。
2水廻りを近づけて家事を楽に
洗面所とUBをキッチンの隣に配置することで家事動線を短くすることができます。
開放性の高い対面キッチンは明るく、カウンターを計画し、料理中の人と会話を楽しむことができます。朝は朝食を取ったり、夕方は子供が宿題をする場所にもなります。
3インナーガレージの計画
20坪ほどの細長い敷地でもインナーガレージにすることで車を停めることができます。
バルコニーをはね出し、雨よけにも配慮し計画しています。

POINT

  • LDKを2階に配置し南東に窓を多く計画。
  • 水廻りとキッチンを隣に配置。
  • インナーガレージを計画。

先頭に
戻る