レッドシダーが映える大空間。充実の標準仕様と造作提案で心地好い家に

階 数
2階
延べ床面積
136.28m2(41.2坪)
敷地面積
237.43m2(71.8坪)

「決め手は性能とコスパの良さ。理想の間取りと空間デザインが叶いました」

レッドシダーを採り入れた勾配天井のリビングが印象的なO様邸は上品でモダンな空間デザインと機能的な間取りで心地好さを追求した住まいです。間接照明が美しいキッチンの下がり天井にも無垢の木を採り入れ、建具やキッチンも落ち着いたウォールナット色をセレクト。白い壁に映える黒いサッシをアクセントにゆったりと落ち着ける空間が誕生しました。リビング学習のための造作カウンターは幅約2.7mのワイドスパンに設計。キッチンを中心に回遊できる動きやすい動線、和室とリビングをつなぐ広いデッキ、大きな玄関収納など4人家族の暮らしに合わせた間取りも実現されています。「3社を検討して性能とコストパフォーマンスの良さで泉北ホームさんを選びました。黒い天板の高級キッチンも標準仕様で選べたうえに、トリプルガラスサッシも標準仕様。納得感がありました」と話すO様。建築士・インテリアコーディネーターとしてのキャリアを持つO様(奥様)は「間取りもデザインも自由度が高く、設計士さんやインテリアコーディネーターさんもどんどん提案してくれました」と泉北ホームの家づくりを高く評価されていました。

間取り図(4LDK)

  • 1階

  • 2階

アウトドアを愉しむ家。約25坪の敷地を活かす開放的な設計

階 数
3階
延べ床面積
118.66m2(35.8坪)

「月に1度くらいのペースでキャンプに出かけます」というS様(旦那様31歳・奥様29歳)が実現したのは約25坪の土地を活かしたアウトドアテイストの3階建て。2階LDKのキッチンは凹凸感のある壁材に木の棚を造作してエクステリアな雰囲気を採り入れ、黒いアイアンのシェルフが似合う空間にコーディネート。ダイニングテーブルはキッチンと同じクオーツストーンの天板を使ってオーダーメイドで仕上げ、観葉植物やドライフラワーが映える「自然のなかで暮らす家」が誕生しました。さらに1階にはアウトドア用品が収納できてキャンプの準備や帰宅後の後片付けにも便利な広い土間を設計。3階の広いバルコニーは半分を屋根付きのインナータイプにしてBBQやコーヒータイムを気兼ねなく楽しめる住まいに仕上げられています。「SUUMOで情報を集めてモデルハウスを見学。気密断熱性や耐震性の良さ、標準仕様の充実度、自由度の高さで泉北ホームさんを選びました」と話すS様は「3階建ての家ですが夏も冬もエアコン1台と床暖房だけでOKです」と高い性能も実感されていました。

となりの内覧会

その家には、どんな家族の夢がつまっているのでしょう?
実際に泉北ホームで家を建てたご家族の声とともに、一棟ずつ実例をご紹介します。

先頭に
戻る