北摂の街並みに映える家。ホテルライクなデザイン空間を暮らし良い間取りで実現

階 数
2階
延べ床面積
140.07m2(42.3坪)
敷地面積
170.64m2(51.6坪)

「自由度の高い家づくりだから実現できたお気に入りの海外インテリアが似合う家」

白壁に映える黒いサッシ、アプローチのブラウンの壁、斜めにレイアウトした門壁…。H様邸はシンプルでありながら街並みに映える上品な佇まいが目を引く住まいです。室内はさらにラグジュアリーな雰囲気になっています。24畳の空間にいっそうの奥行感をもたらす間接照明やブラケットライト、シーリングファンでコーディネート。イタリアブランドのテーブルにアーティスティックなデザインのシャンデリアを合わせたダイニングは白い床を選び、キッチンは黒をセレクトして変化をつけ、飽きの来ない空間に仕上げられています。「ホテルライクな住まいが家づくりのテーマでした」とお話されたH様は「自由度の高い家づくりができて標準仕様のレベルも高く、コストパフォーマンスのいい泉北ホームさんの家は私たちにぴったりでした」と当社を高く評価。室内干しができてランドリー兼収納がすぐ横にある家事ラクな2階の水廻り、勾配天井の主寝室、モダンな和室などこだわりが詰まった暮らし良い住まいが誕生しました。

間取り図(4LDK)

  • 1階

  • 2階

  • ロフト

※記事は取材当時の情報です。ご確認のタイミングによっては情報が更新されている場合がございます。

子育て家族の北欧ヴィンテージな家。ウォールベンチやテレワーク空間も実現

階 数
3階
延べ床面積
118.61m2(35.8坪)

約22坪の限られた土地を活かして、自在な発想でたくさんの「やりたいコト」を叶えた都市型3階建てが誕生しました。キッチンカウンターはモールテックスで仕上げ、レッドシダーの下がり天井を造作。ダイニングまで続く長い木の棚はキッチン雑貨を見せて収納したり、小物を飾る楽しいディスプレイスペースです。リビングからは大胆なデザインクロスを採り入れた階段室の吹抜けが自然と目に入ってきます。注目はリビングの一角に設けた「遊び場」。壁際に間接照明をあしらったウォールベンチの窓はまるで小さな異空間。絵本を読んだり、寝転がったり、のびのびと過ごせる楽しい居場所です。施主のN様は「性能や施工品質への安心感で泉北ホームさんを選びました。設計やデザインの自由度が高いことも私たちにぴったりでした。イメージしていた北欧ヴィンテージな空間が実現しました」とお話しされました。キッチンのパントリーや1階ホールに設けた大きなウォークイン・クローゼットなどゆとりのある収納プランもN様の暮らしをいっそう快適にしています。「暑い夏も寒い冬も家の中は心地好いです。性能にもデザインにも大満足です」(N様)。

となりの内覧会

その家には、どんな家族の夢がつまっているのでしょう?
実際に泉北ホームで家を建てたご家族の声とともに、一棟ずつ実例をご紹介します。

繊細な感性が息づくラグジュアリーな大空間に海外インテリアをゆったりとレイアウトして暮らす

階 数
2階
延べ床面積
200.20m2(60.5坪)

美しいアイアン階段やエコカラットのアクセントウォールを印象的に空間に採り入れて大胆なまでに広く設計された玄関ホールが訪れる人を出迎えてくれるW様邸は細部にまで繊細な感性が息づく住まいです。キッチンからイタリアブランドの透明感のあるロングテーブルをゆったりとレイアウトしたダイニング、吹抜けリビングまでをL字型に設計してさらに洋室を設けた奥行感のある空間は高級スイートを思わせる非日常な空間だ。来客用の洋室、おしゃれなパウダールームを備えた主寝室など2階の各室もラグジュアリーな雰囲気に仕上げられている。「泉北ホームさんのメインショールーム本社へ足を運んだところすごくおしゃれで驚きました。設計の自由度が高くて標準仕様のクオリティも高い。この会社ならイメージをしっかり形にできると思いました」とW様は泉北ホームを選んだ理由を話す。「設計打ち合わせでは構造上実現できないことも『こんな形では?』と提案を重ねてくれました。標準仕様のラインナップが豊富で充実しているので検討がしやすかったです」と話すW様。入居後はすぐ前の道路を走る車の音に気付かないほどの遮音性の高さや、光熱費が想像以上に節約できている気密断熱性の高さなど性能の良さを実感しているそうです。

先頭に
戻る